【テグレトールの薬価】種類によって値段が違う?一番お得なのは?

テグレトール100mg/200mg

テグレトールは脳神経の興奮を鎮めることで、てんかん発作・躁病や躁うつ病(双極性障害)・三叉神経痛を予防します。
気持ちが落ち着かない時や、外に出る事がつらい時用に1箱手元に持っておくと安心です。

本日注文すると最短で2月28日(水)に届きます。

テグレトール100mg

テグレトール200mg

テグレトールのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。
  • 内容量:
    ・100mg/1箱100錠
    ・200mg/10錠×10シート
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: ノバルティス
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

テグレトールサイトの薬価イメージ テグレトールは、てんかん・躁うつ病・三叉神経痛の治療に使われている処方せん医薬品です。
国内で購入する場合は医師の処方せんが必要となります。
テグレトールを処方される場合、テグレトール錠/テグレトール細粒50%など様々なタイプの中から患者さんにあった形状が処方されます。
成人の場合は、テグレトール錠を処方されることが多いでしょう。
テグレトール錠は直径8-9mmの白い錠剤、テグレトール細粒50%は白色の細かい粒状の薬です。

その他にも、テグレトールCRという種類があります。
CRとはControlled Release(放出制御)の略で、徐放性製剤の事を指します。

徐放性製剤とは

有効成分が徐々に放出される薬です。
ゆっくりと有効成分が放出されることによって、血中濃度の急な上昇をさげることが出来ます。
服用回数を減らしたり、服用後に起きやすい副作用の出現頻度を下げることが出来ます。
また、血中薬物濃度が有効域を超えて中毒域へ入るリスクを減らすこともできます。
有効成分がゆっくりと放出されるよう特殊なコーティングがされている為、そのままの状態で服用しなければいけません。
服用量調節のために半分にしたり、砕いたりする事は控えてください。

テグレトールの購入

昔から使われている薬という事もあり、先発品にしては薬価が安く、購入しやすくなっています。
テグレトール100mgの場合、1錠29.8円で購入できます。
病院で購入する場合はもう少し安く購入できるのですが、毎月の通院、診察料の事を考えると値段差はあまりありません。
仕事や私用で忙しく、
「病院に行く暇がない方」
「病院での待ち時間・通院時間割をはぶきたい方」
その他には、
「目立つことなく治療したい方」
「近くに病院がない方」には、通販サイトでの購入がお勧めです。

テグレトールの薬価

通販サイト、@通販では7,000円以上の購入で送料無料となります。
テグレトールは毎日欠かさず服用する事で効果が得られるので、薬が切れることが無いよう少し多めに購入しておくといいでしょう。
それぞれの薬の値段をみていきましょう。

テグレトール

まずは100mgなど低用量から服用を始めます。
徐々に服用量を増やしていく必要があるので、200mgを分割して飲みはじめ、血中濃度が安定した後、200mgを3錠(600mg)を服用します。
なので、初めての方は半分に砕いて服用量を調節できるテグレトール200mgから始める事をお勧めします。

1箱100錠 1錠あたり 購入
テグレトール100mg 2,980円 30円
テグレトール200mg 3,980円 40円

テグレトールCR

テグレトールCRは患者さんの生活の質(QOL)を高めるために使用され、服用回数・副作用の軽減が期待できます。
特殊なコーティングがされているので、服用時に割ったり、砕いたりできない事が特徴です。

10錠×10シート 1錠あたり 購入
テグレトールCR200mg 4,280円 43円
テグレトールCR400mg 5,280円 53円

テグレトール100mg/200mg

テグレトールは脳神経の興奮を鎮めることで、てんかん発作・躁病や躁うつ病(双極性障害)・三叉神経痛を予防します。
気持ちが落ち着かない時や、外に出る事がつらい時用に1箱手元に持っておくと安心です。

本日注文すると最短で2月28日(水)に届きます。

テグレトール100mg

テグレトール200mg

テグレトールのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。
  • 内容量:
    ・100mg/1箱100錠
    ・200mg/10錠×10シート
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: ノバルティス
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり