【症状別】テグレトールの効果。躁状態の改善が期待できます

テグレトールは 1966年から販売されている歴史の長い精神・神経薬です。
主に、抗てんかん薬・気分安定薬・三叉神経痛治療薬に効果があるとされ広く使われている薬です。

てんかん・躁鬱(そううつ)・神経痛緩和に使用される

テグレトールサイトの効果 テグレトールを用いて治療できる、疾患はいずれも「脳神経」が興奮している疾患です。
テグレトールには脳の興奮を抑える効果があると考えられています。

これはナトリウムチャネルという神経細胞の活動を抑える事で可能になります。
ナトリウムチャネルはナトリウムイオンが通る事の出来る穴のようなものだと考えてください。
ナトリウムチャネルを通って細胞内にナトリウムイオンが入ってくると神経細胞は興奮します。

テグレトールはナトリウムチャネルの働きを抑える効果があり、ナトリウムイオンが細胞内に入れなくなるので神経細胞の興奮を防ぐことが出来ます。
テグレトールを用いて治療される病気の原因は同じ「脳神経の興奮」なので、種類が違う疾患でもテグレトールの効果が有効です。

テグレトールの「てんかん」への効果

現在では、さまざまな疾患の治療に効果的だと知られ、広く使用されるテグレトールですが、初めはてんかんの発作を抑える「抗てんかん薬」として開発されました。
てんかんとはてんかん発作を繰り返す脳の病気の総称です。
一般的に痙攣(けいれん)を起こしやすい体質によって生じる発作や脳の奇形など様々な病気を含みます。

人の脳は電気信号を使って情報伝達をしています。
てんかんはこの電子回路が何らかの理由でショートを起こす状態に例えられます。
電気がショートを起こした場合、火花が散りますが、脳細胞でも同じようなことが起きます。

ショートする事によって流れなくてもいい信号が関係ない神経同士の間で余計に流れる事で全身がけいれんしたり、意識がなくなったりします。
治療方法は、テグレトールを用いる事が一般的です。
病気自体を治すことはできませんが、発作を抑える事が可能です。
テグレトールは、短時間気を失う(欠神発作)や手足がぴくつく(ミオクロニー発作)、力が抜け転倒する(脱力発作)などの全般発作では効果を発揮しませんが、部分発作への効果が高いとされています。

部分発作

発作の中でも部分発作は、テグレトールでの治療効果が期待されます。
部分発作とは以下のような症状があります。

  • 運動症状
  • 顔や手足の軽いけいれん
  • 感覚異常
  • まぶしい・変な味がする・臭いにおいが鼻につく・変な音がする
  • 自立神経症状
  • 胃が気持ち悪い
  • 鳥肌が立つ
  • 精神症状
  • 時計の音がすごく早く感じる
  • 急に喋れなくなる
  • 恐怖感
  • 不安感

テグレトールの「 躁うつ(双極性障害)」への効果

気分安定薬として処方されるテグレトールですが、気分安定薬にもいくつか種類があります。
気分の上がりを抑える効果(抗躁作用)があるもの、気分の落ち込みを持ち上げる効果(抗うつ作用)があるものなどが代表的です。
その中でもテグレトールは抗躁作用があるとされ、気分が上がってしまう躁状態の治療に用いられます。

双極性障害とは

躁状態がある疾患のなかでも有名なのが、双極性障害ではないでしょうか?
双極性障害は少し前まで「躁鬱(そううつ)病」と呼ばれていました。
現在ではうつ状態と躁状態があるという意味の双極性障害という病名で呼ばれています。
うつ状態・躁状態どちらかの症状だけが出る場合も、経過途中で反対の症状が出てくることがあるので、特に区別せず双極性障害と呼ばれています。
躁状態にも色々な段階がありますが、家庭や仕事に支障をきたし入院が必要な状態になる場合もあります。

精神病は治療が必要な病気です

一見元気に見え、睡眠があまり必要なく、仕事もはかどるので本人も周囲も気づきにくい、迷惑にならない程度の状態を「軽躁状態」といいます。
双極性障害は、テグレトールなどの薬である程度コントロールする事で発症前と変わらない生活を送ることが出来ます。
放置していると躁状態・うつ状態を繰り返す事になり、家庭や会社の人間関係が上手くいかず、徐々に人生の基盤を大きく損なってしまう危険があります。
精神病は心の持ちようだと言われるかもしれませんが、きちんと薬の効果を利用して治療する必要がある病気です。
不眠やハイテンションで変だなと感じたら放っておかずにきちんと治療するようにしましょう。

効果が高いのは躁状態

テグレトールは双極性障害の根本を治す事はできませんが、症状をコントロールする効果が期待できます。
テグレトールの脳の興奮を抑えてくれる作用が、気分の高ぶりを抑えて落ち着きを与えてくれます。
不安や緊張などもしずめてくれるので気持ちを落ち着かせることが出来ます。
テグレトールを4週間以上にわたり服用した患者さんの約84%が双極性障害の躁状態の改善に成功しているというデータがあります。
テグレトールは、脳の興奮を抑える作用が主な効果なので、気分の落ち込みを持ち上げる作用(抗うつ作用)はあまり期待できません。
双極性障害の治療薬として使われているテグレトールですが、躁状態に効果があるという事を知ったうえで使用するようにしましょう。

テグレトールの 「三叉 (さんさ) 神経痛」 への効果

三叉神経とは顔の感覚を脳に伝える神経です。
脳の真ん中から3本の枝に分かれて、それぞれおでこ・頬・あごに向かって伸びています。
三叉神経痛とはこの神経を血管が圧迫する事によって起きる突発性の顔の痛みの事を言います。
この痛みはよく「針で刺されたような」「電気が走ったような」痛みだと言われます。
痛みは一瞬から数十秒と、長くは続きませんが非常に強い痛みのため早めの治療が必要になります。
三叉神経痛は、血管が三叉神経を圧迫することで痛みをつたえる神経に感覚信号が余計に流れるために起こると考えられています。
テグレトールには脳の信号の流れ過ぎ、つまり脳神経の興奮をおさえる働きがあるので、その効果を利用して三叉神経痛を治療します。
テグレトールの他に、三叉神経痛の治療に効果があるという市販薬が存在しますが、テグレトールほどの効果は期待できないでしょう。

テグレトールの血中濃度と半減期

テグレトールの血中濃度

血液に溶けた薬の濃度の事を、「血中濃度」といいます。
テグレトールに限らす、薬は服用して血中濃度が上がることによって効果が得られます。
血中濃度が高すぎると副作用が出やすくなり、低いと効果が出ません。
血中濃度は効果と副作用以外にも関係しています。
薬が正しく効く、血中濃度の「有効域」を超えると、「中毒域」に達してしまいます。
服用者が望んでいる効果とは違う方向に作用し、毒性がでてしまいます。
テグレトールは有効域と中毒域が近いため注意が必要です。

テグレトールの半減期

半減期とは、「体内での薬の全体量が半分になるまでの時間」を指します。
例えば、半減期が8時間の薬は、服用から8時間後に体内の薬の量が半分になります。
通常、薬の服用間隔は半減期の値と同じにします。
体内での薬の量が半分になったところで、次の薬を服用することで薬の有効域を一定に保つことが出来ます。

テグレトール100mg/200mg

テグレトールは脳神経の興奮を鎮めることで、てんかん発作・躁病や躁うつ病(双極性障害)・三叉神経痛を予防します。
気持ちが落ち着かない時や、外に出る事がつらい時用に1箱手元に持っておくと安心です。

本日注文すると最短で2月28日(水)に届きます。

テグレトール100mg

テグレトール200mg

テグレトールのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。
  • 内容量:
    ・100mg/1箱100錠
    ・200mg/10錠×10シート
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: ノバルティス
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり