テグレトールの飲み忘れ。気付いたタイミングで変わる対処法

飲み忘れ テグレトールの服用回数・用量は効果を最大限に得るために計算され、決められています。
決められた飲み方の中でも、大切なことがテグレトールを飲む「タイミング」です。

例えば、胃に負担をかける薬の場合は食後に、空腹時のほうが吸収されやすい薬は食前に服用するよう決められています。
効果や副作用の事を考えてタイミングを指定しているので、タイミングを守りテグレトールを服用する事は安全に効果を得るためにとても大切です。

テグレトールに限らず、薬の服用回数は血中濃度と効果持続時間のバランスによって決められています。
血中濃度は血液中にある薬の濃度の事をいいます。
薬は体内で吸収されると血液中に移行し、全身にいきわたります。

テグレトールの効果を正しく得る為には血中濃度を治療有効域に留めておく必要があります。
血中濃度が高すぎても、低すぎてもいけません。

テグレトールの飲み忘れ

薬を飲むタイミングはテグレトールなどの食事に左右されない薬の場合でも「食後」と指定されることがあります。
「1日3回6時間おき」ではなく「毎食後」にする事で、食事という行為が薬を飲む事を思い出させてくれます。
その結果、飲み忘れ防止につながると考えられています。

しかし、毎日違う時間に食事をとる方や、旅行に行っていていつもと食事リズムが違う場合などはどうしても飲み忘れてしまいがちです。
もし、テグレトールを飲み忘れてしまった場合はどのような対処法が最適なのでしょうか。
テグレトールを1日2回、1日3回服用する2パターンでみていきたいと思います。

1日2回のテグレトールを飲み忘れた場合

基本的には飲み忘れに気づいた時点ですぐにテグレトールを飲むようにしましょう。
例えば朝飲み忘れた場合は、昼から夕方までにテグレトールを服用します。
夕食後の分は就寝前で問題ありません。

夕食後の飲み忘れに就寝前に気づいたら寝る前でもいいのでテグレトールを飲みます。
そのまま寝てしまった時は、服用間隔が空いているので血中濃度が治療有効域より低くなっているかもしれませんが、朝食後から再スタートします。

1日3回のテグレトールを飲み忘れた場合

朝の飲み忘れをお昼までに気づけたら、その時点でテグレトールを服用します。
お昼分は夕食後に、夕食分は就寝前に飲むようにします。
お昼分を飲み忘れ、夕食までに気づいた場合もすぐ飲むようにしましょう。
夕食分は就寝前に飲むことで間隔をあけて血中濃度を保つ事が出来ます。
夕食分だけを飲み忘れた際は、寝るまでに服用出来れば問題ありません。
飲み忘れた分を含めた2回分を一度に飲むことは一気に血中濃度をあげることになるので危険です。
副作用が出やすいだけでなく、血中濃度が中毒域になってしまうので控えましょう。
時間をずらして服用した場合は次回分まで、十分に時間を空けてから服用してください。
1日2回飲むときは約6時間、1日3回飲むときは約4時間ほどの間隔を空ける事が目安となっています。

嘔吐など吐き出してしまった時

テグレトールの摂取後、体調不良や胸のムカつきなどから嘔吐してしまった場合服用リズムが崩れてしまいます。
身体に吸収されていない場合は再度摂取する必要があります。
吸収されているかどうかの確認方法は2通りあります。

1.目視で薬剤を確認

嘔吐したものの中に明らかに薬剤が見られるのなら、まだ体に吸収されていません。

2.時間を目安に確認

摂取から30分たつと薬剤は吸収されていると考えていいでしょう。

以上のことから、摂取後30分以内に嘔吐した時はテグレトールがまだ吸収されていないと考えられるので、もう一度薬を飲みます。
30分以上たって嘔吐した時は念のため目視で薬剤を確認してみて下さい。
もしテグレトール錠が残っているようならまだ吸収されていないので再度飲みます。
見当たらない時は吸収されていると考えていいので、テグレトールを再度飲む必要はないのでそのまま様子をみましょう。

海外旅行・出張時

テグレトールに限らず薬は、効果を保つために欠かさず飲む必要があるのでいつも持ち歩いていると思います。
海外旅行や海外出張に行くときも例外ではありません。
すぐに同じテグレトールが手に入るかわからないので、日本を離れる時は紛失に備えて多めに携帯するようにしましょう。
飲み方についてですが、時差があるのでタイミングの調整がやや難しいかもしれません。

コツとしては飛行機に乗ったタイミングで行先の時刻にあわせてテグレトールを飲むようにします。
前回の服用から4-6時間空ける必要があるので事前に微調整しておくことが必要になる場合もあります。

帰りも同じで、飛行機に乗ったタイミングで日本の時刻にあわせてテグレトールを飲むようにします。
食事や機内消灯との兼ね合いもあるので難しいことがあるかもしれませんが、その時は徐々になるべく現地時間に合わせてテグレトールを飲むようにしましょう。
このときテグレトールの服用間隔には十分注意してください。
1日2回の場合は約6時間、1日3回場合は約4時間の間隔が目安です。

食事がとれない時

食後に飲むことを指定されている薬は、胃が荒れるのを防ぐ目的があるかもしれません。
糖尿病の薬など、食後に飲むことが決められている一部の薬を除き、一般的に薬は食前・食後どちらに飲んでも効果が変わりません。
食事と関連付けることによって飲み忘れを防いでいる事が多いためです。
テグレトールは食事の有無、食前・食後で得られる効果に大きな違いはありません。

仕事、食欲、体調などの関係で食後の決まった時間に飲めない場合でも間隔を守る事が出来れば、いつ飲んでも問題ありません。
胃に負担がかからないわけではないので、テグレトールを飲むときも、軽く食べる、多めの水で飲むなど工夫するといいでしょう。
胃への負担を気にすることも大切ですが、決められた分量を決まった間隔で飲み、血中濃度を保つ事も大切です。
食後に服用できない場合は、間隔を守ればいつ飲んでもいいでしょう。

テグレトール100mg/200mg

テグレトールは脳神経の興奮を鎮めることで、てんかん発作・躁病や躁うつ病(双極性障害)・三叉神経痛を予防します。
気持ちが落ち着かない時や、外に出る事がつらい時用に1箱手元に持っておくと安心です。

本日注文すると最短で2月28日(水)に届きます。

テグレトール100mg

テグレトール200mg

テグレトールのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。
  • 内容量:
    ・100mg/1箱100錠
    ・200mg/10錠×10シート
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: ノバルティス
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり